【17年5月】MVNOの通信速度を池袋で調査!格安SIM速度ランキング - SIM速度辞典

2017年5月は「東京池袋」で回線速度を比較しました。職場が池袋の方でドコモ、au、ソフトバンクから格安スマホに乗り換えを検討している方は、このページを見れば『今池袋で一番速い格安SIM』を比較できます。

 

計測したのは合計4回。朝のラッシュ、昼休みの混雑時間帯、15時前後の回線がすいている時間帯、夜の帰宅ラッシュ。安くても回線速度が落ちがちな時間帯でも、快適な回線速度で利用できるMVNOはどこ?

2017年5月、池袋駅周辺の計測結果。トップ5位は?

回線速度の体感速度は主に「下り」速度が大きく影響します。厳密にいえばPINGの数値やPINGを効率的に送受信する技術などが関係しますがこれはかえってわかりずらくなるので”力技”になる下り回線速度の数値が多いものをランキングの参考にします。

 

各時間帯にそれぞれのMVNOを3回計測しその平均値で各時間帯のランキングを一旦だし、これを1日のうちに朝、昼、夜、その他と4回行います。すべての時間帯の順位を合計し、一番好成績(値が少ない)なもの、かつスペックの高いMVNOであることを鑑みて順位作成しています。

格安SIM 回線速度総合順位《17年5月》

 

2017年5月SIM回線速度ランキング

調査利用アプリ

RBB SPEED

調査日時

実施場所:池袋駅周辺の喫茶店
混雑時間帯 8:00〜8:4512:10〜12:5518:15〜19:00
通常時間帯 14:30〜15:15 (5月8日月曜日終日実行)

利用した端

ASUS ZenFone3(キャリアアグリゲーション対応端末(2ac))

調査方法

一つの時間で各SIMを3回計測しその平均値を計測結果とす

調査対象MVNOとプラン

全13MVNO、15プラン(楽天モバイル/UQモバイル/Y!mobile/BIGLOBE/OCNモバイルONE/DMMモバイル/イオンモバイル/IIJmio(ドコモプラン)/IIJmio(auプラン)/U-mobile/mineo(ドコモプラン)/mineo(auプラン)/LINEモバイル/ニフモ/フリーテル)

やはり、UQモバイルとワイモバイルは格段の回線速度です。とにかく速度を重視し価格を抑えたい方はこの2社から選ぶのをお勧めします。朝、昼、晩、どの時間をとってもキャリア(ドコモやau、ソフトバンク)越えをしています。
ただ、LINEモバイル、楽天モバイルもどこかの時間帯を妥協すれば、UQやワイモバよりも安く、契約期間の縛りの無さなど好条件で利用できます。2017年5月の結果からすると、LINEモバイルは夜が遅く、楽天モバイルは昼休みに強いとも言えます。

 

グラフで見る上位5位回線速度とその速度でできること

2017年5月SIM回線速度ランキング

《 2017年5月8日月曜日 池袋駅周辺 格安SIM計測結果 》

 

順位

単位Mbps

8:00-8:45

12:10-12:55

14:30-15:15

18:15-19:00

1位

UQモバイル

87.11

59.64

39.88

61.17

2位

Y!mobile

98.97

33.81

48.05

73.00

3位

LINEモバイル

29.26

16.27

42.00

3.95

4位

楽天モバイル

2.57

13.75

35.80

2.21

5位

U-mobile

15.91

0.30

18.94

5.21

上位5位以内にランクインした5つのMVNOは、どの時間帯もほぼ最低ラインの0.5Mbps以上は出ています(U-mobileのお昼以外)。でも、高画質動画を快適に視聴することができる4mbを常時クリアしているのは、ワイモバイルとUQモバイルとLINEモバイル(夜3.95mbでギリセーフとす)今月に入りLINEモバイルが劇的に回線速度を回復させてきました。TVCMもはじめかなり資金を傾けています。ワイモバ、UQ、楽天、LINEこの4社はMVNO業界の軸になりそうです。

 

1位!UQモバイル・・・最速No1格安スマホ

本家au、またドコモなど大手キャリア以上の回線速度を格安で利用できる最強MVNO。auの回線になるので現在ドコモやソフトバンクの方は通信方式の違いがあり現在の端末を利用できません。

 

ただ端末を新しく購入しても月々1,980円で1回通話5分/データ通信料/端末分割払い全てコミコミ料金で購入できます。iPhoneSEでもコミコミ2,980円です。この機会に端末も最新のものに乗り換えるのもお勧めです。

 

低速と高速のオンオフスイッチがありますが、低速時300kbpsなのが特徴。他社は200kbpsです。この違い使ってわかります。

 

ただ、他格安スマホの通話プランは2年後または1年後に違約金がなくなりますが、UQモバイルは2年後の1か月だけが違約金ナシで解約できる期間になります。大手キャリアと同じ仕組み。この点だけ注意しましょう(データ専用回線は別)最大10,000円のキャッシュバックが行われているので違約金などの補填にもなります。回線速度を重視するならこれが一番お勧めです。

 

UQモバイル公式サイトへ

 

詳しくはコチラ

 

 

2位!Y!mobile・・・店舗も多く安心快速

ワイモバイルは全国に1,000以上の店舗がありその数は吉野家と同じほどです。他の格安スマホは店舗があるといってもこの規模には勝てません。量販店で相談には載ってくれるMVNOもありますがやはり専用店舗がある安心感は格上です。それでいて料金が格安スマホレベル。ちょっとだけ高いけど。

 

他の格安スマホとの大きな違いはカケ放題。他社が5分カケホが多い中、ワイモバイルは1回10分。1000円追加すれば完全カケ放題です。2年後いつでも解約できる他社格安スマホと違ってUQモバイルとともに2年後の1か月しか違約金なしでの解約はできないので注意が必要です。

 

iPhoneSEがセット購入できるのも大手キャリアのグループ会社ならではのメリットです。速度もキャリア並みでストレスなく利用できます。容量は少なめなので自宅や会社とのwifiの併用で活用できます。さりげなく無料wifiスポットもついているので上手に活用すればかなりのコスパMVNOです。

 

Y!mobile公式サイトへ

 

3位!LINEモバイル・・・アカウントフリーで大人気

LINEや特定のサービスを利用してもデータ容量にカウントされない「カウントフリー」が人気です。

 

TVCMも始まり本格的に予算を投入し始めています。宣伝費だけではなく、設備増強もしっかり行っていることが今月の回線速度から垣間見えてきました。

 

第4のキャリアをささやかれるLINEモバイルは後発ながらこの業界で目立った存在になりそうです。

 

LINEモバイル 公式サイトへ

 

 

4位!楽天モバイル・・・ポイントとキャンペーンに強い

楽天モバイルのメリットは楽天ポイントとの連携です。最大7倍で貯められること。貯めたポイントで楽天モバイルの支払いもできること。この2つはインパクトが強いです。実際、管理人もずっとポイント払いでお財布から払っていません。

 

また、購入時に端末の大幅に割引きキャンペーンをおこなっていることが多く加入しやすくしています。楽天モバイルはスマホ事業で多くの利益を得ることが目的ではなく、楽天経済圏への誘導が一番の目的なのでコスパのメリットを強く打ち出すことができています。

 

カケ放題や端末のコミコミプランもあります。たくさん動画を見る方も割安な大容量プランがあり便利です。

 

楽天モバイル 公式サイトへ

 

詳しくはコチラ

 

 

5位!U-mobile・・・使い放題もあり

ユーモバイルの特徴は使い放題プラン。使い放題プランはplalaなど他社も撤退を始めている希少プランです。

 

以前は回線速度が遅くお勧めできませんでしたが、今月のように回線速度も改善し始めています。多少プランがわかりずらいのでよーく公式サイトをご確認してください。

 

U-mobile 公式サイトへ

 

6位から15位は?ポイントは0.5Mbpsと4Mbpsの基準速度

では6位以下はどんな順位になっているでしょうか?上の表とは横軸の単位の上限を変えています。4Mbpsを中心にそれぞれがどの程度の回線速度が出ているかを比較しやすいようにしています。

 

できれば4Mbps前後の回線速度がでていること。少なくても自分が利用する時間帯はその回線速度が出るMVNOがお勧めです。

 

例:昼休みは動画も見たい。朝と帰りはsnsやニュースのチェック程度。
→昼は4Mbpsの回線速度が出ていて、朝昼は0.5Mbpss前後出ていればよしとみる。

 

2017年5月SIM回線速度ランキング

 

順位

単位Mbps

8:00-8:45

12:10-12:55

14:30-15:15

18:15-19:00

6位

IIJmioドコモ

1.29

15.51

1.99

31.42

7位

IIJmioau

2.95

2.18

0.63

15.46

8位

BIGLOBE

2.90

1.01

1.55

10.44

9位

ニフモ

1.48

0.36

0.94

28.40

10位

イオンモバイル

2.21

3.92

0.36

22.34

11位

mineoドコモ

1.83

0.84

1.31

11.72

12位

OCNモバイルONE

3.71

0.40

0.68

5.84

13位

mineo au

1.24

0.54

0.42

15.46

14位

DMMモバイル

0.39

0.28

0.60

3.73

15位

フリーテル

0.07

0.02

0.05

0.11

 

ニフモ・・・IP電話だが完全カケ放題、独自割引き制度あり
BIGLOBE・・・Youtubeカウントフリーは今のところここだけ。新品iPhone販売もあり
DMMモバイル・・・ほぼ最安値。IIJmioから技術提供を受けているため比較的速度が安定
IIJmio(ドコモ・・・5分カケ放題が家族は30分になる
mineo(ドコモ)・・・家族割りがあり最大5人までデータ容量シェアできる
mineo(au)・・・au端末を利用したい場合、au回線も選べる
フリーテル・・・セット販売の料金設定は魅力的。あとは回線速度の問題。
イオンモバイル・・・音声プランも違約金期間がない。業界最安値価格。あとは回線速度だけ
ocnモバイルone・・・NTTのグループ会社。plalaも統合され回線速度も増強してほしいところ

 

【17年5月】MVNOの通信速度を池袋で調査!格安SIM速度ランキング - SIM速度辞典記事一覧

2017年1月は渋谷駅周辺で格安スマホ各社の回線速度を計測しました。成人の日の休日の昼間で混雑していたようです。そんな中...

2017年5月は「東京池袋」で回線速度を比較しました。職場が池袋の方でドコモ、au、ソフトバンクから格安スマホに乗り換え...

2017年4月2日月曜日、新宿駅周辺でSIM速度計測を行いました。格安スマホ各社の料金・サービスはほぼ均一化されており価...