格安SIM回線速度

価格はほぼ同じ格安SIM選び《 大切なのは回線速度! 》

※2017年1月11日更新《 1月速度計測完了 》

月々約900円で利用できる格安SIM!どのMVNOもほぼ同価格です。「 だったらとにかく一番安い所がいい? 」「 有名な大手の会社にすれば安心? 」

 

いいえ!同じ価格帯でもSIMの回線速度が全く違うことがあり、時には30倍もの回線速度の差がおきます。

 

格安SIMの速度は「ユーザの数」と、そのMVNO(楽天モバイルなどの格安スマホ各社)がドコモなどから用意した「帯域規模」のバランスできまります。

 

例えるなら・・・

  • 交通量が多いのに1車線のままの高速道路
  • 交通量が多いので車線を増やす高速道路

です。スピードが出ると評判のMVNOでもユーザーが集中すると、急に重くなって「あそこは遅くて使えない…」と逆評価になることもあります。それで、

  • ユーザー数に合わせ帯域を買い備え、快適な環境を提供するMVNO
  • ユーザーが増えても、対応をおろそかにし回線の渋滞を放置するMVNO

に、分かれます。

 

契約したMVNOが『 回線速度が遅くて快適に利用できない!』なんてことが起きないように、当サイトはできるだけ多くのMVNOを契約し回線速度の実態調査の実施と公開を行っています。

 

 

リアルな実態をご報告するために、一部サイトが行っているように外部の個人に任せて計測した各報告を載せるようなあいまいなことはせず、管理人本人が(ほぼ)月に1度計測しそのままの結果を掲載しています。

 

こまごましたメーカーや機関が行うような設定はしていませんが、できるだけ

  1. 東京都心で人口の多いエリアで回線速度テストを行う
  2. (混雑などによる速度低下が反映されやすいため)
  3. 同じ時間帯に回線速度テストを実施する

という2点を遵守して行っています。是非、皆さんの格安スマホ選びにお役立てください。

 

>>2017年1月の全MVNO回線速度計測結果はコチラ<<

今オススメできる回線速度が出るハイスピード格安SIMはどこ?

UQモバイル回線速度

わずかな月額料金差などは無視し、実際に計測した回線速度の結果を重視した管理人独自のランキングです。

 

 

とは言え、この結果には管理人の主観だけでなく「専門誌のランキング」も参考にしています。参考にした雑誌は、「晋遊舎 格安SIM最強ランキング」や「家電批評」などです。

 

 

しかし、最後は実際に自分で計測してみるのが一番明確な情報が得られるため「実測結果」と使いやすさなどを鑑みたランキング結果です。是非、参考にしていただければと思います。

 

 

総合TOP3MVNOの今月の速度比較

2016年12月

渋谷駅で計測

下り

(この値が大切)

上り

PING値

(小さい方がよい)

UQモバイル

33.06

Mpbs

4.43

Mpbs

40

ms

楽天モバイル

10.18

Mbps

2.75

Mbps

47

ms

ワイモバイル

16.48

Mbps

0.70

Mbps

36

ms

 

「キャリア以上の速度!」と各誌で定評があるUQモバイル。2016年11月から当サイトでも計測対象に。実際に計測してみると以下の結果になりました。格安スマホでとにかく1番速いMVNOを選ぶならここ1択でしょう。

UQモバイル、専門誌も絶賛の回線速度!

恥ずかしながら、当サイトでは2016年11月まで計測対象にいれていませんでした。
しかし、以下の専門誌の記事より計測対象に入れないわけにはいかなくなりました。

 

 

引用:晋遊舎 格安SIMランキング P40

 

  • 『他社の追随を許さない驚愕通信で速度重視なら絶対選ぶべき1枚!』
  • 『圧倒的な通信速度がほかの何にも勝る特徴!』
  • 『キャリア以上の速度を記録した驚愕の通信力!』
  • 『48時間の最高速度平均はなんと約80Mbps!』

絶賛評価のオンパレードでした。「ここまで評判なら調査対象にいれないわけにはいかない!」と計測開始。以下が管理人の計測結果です。

 

計測月/場所

下り

上り

PING

(値が小さい方がよい)

2016年12月

/渋谷

33.06

Mpbs

4.43

Mpbs

40

ms

2017年1月

/渋谷

82.98

Mpbs

12.38

Mpbs

34

ms

       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

下りの速度だけ見てこのMVNOがNO1です。料金携帯も端末とコミコミプランで1,980円からあり、SIMだけの契約でも3GB980円からと格安スマホとしてのメリットもしっかりしています。

 

今までのドコモ、au、ソフトバンクの快適な速度を維持したまま、安定安心の格安スマホを利用するならココです!

 

UQモバイルのメリットをまとめてみると

  • とにかく回線速度が速くて安定している
  • auのセカンドブランドでエリアが広域
  • 全国6万ケ所無線公衆LANがタダ
  • iPhoneとのセット販売もある
  • 高速データをオフにして節約できる

 

uqmobilbekaisetuhe

 uqモバイル12月回線速度

▲ UQモバイル 13,000円キャッシュバック中 ▲

 

 

場所/計測日

下り

上り

PING

(値が小さい方がよい)

2016年1月

日暮里

55.00

Mbps

33.46

Mbps

37

ms

2016年2月

 

 

 

2016年3月

渋谷駅

43.8

mbps

7.17

mbps

38

ms

2016年4月

 

 

 

2016年5月

東京駅

39.25

mbps

14.94

mbps

33

ms

2016年6月

 

 

 

2016年7月

原宿駅

18.35

Mbps

2.83

Mbps

32

ms

2016年8月

 

 

 

2016年9月

渋谷駅

22.94

Mbps

2.99

Mbps

38

ms

2016年10月

横浜駅

45.11

Mbps

20.56

Mbps

31

ms

2016年11月

 

 

 

2016年12月

10.18

Mbps

2.75

Mbps

47

ms

2017年1月

/渋谷

7.28

Mpbs

3.99

Mpbs

27

ms

 

楽天モバイルは速度だけで考えると、最近は3位のワイモバイルに及びません。しかし、スマホで動画を視聴するなどの用途には十分な速度を年間を通して維持しています。合わせてポイントの面などのメリットを考えるとお勧めのMVNOです。

 

楽天モバイル解説

uqモバイル12月回線速度

 

 

場所/計測日

下り

上り

PING

(値が小さい方がよい)

2016年10月

横浜駅

45.11

Mbps

20.56

Mbps

31

ms

2016年12月

渋谷駅

16.48

Mbps

0.70

Mbps

36

ms

2017年1月

/渋谷

34.31

Mpbs

12.00

Mpbs

28

ms

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

uqモバイル12月回線速度

 

ページの一番上に戻る

回線速度はどの位あれば何ができる?YouTube 快適再生には…

osusumesim

「格安SIMの回線速度は、そもそもどの位必要なの?」
実はスマホで行うことすべてに高速回線が必要な訳ではありません。自分の用途で必要な回線速度は変わります。低速200Kbps、いつも1Mbps、高速10〜40Mbpsと格安SIMの速度も色々なので、自分に必要な速度をチェックしてください。

メールや検索・LINEやIP電話ができる速度は?

200Kbps

スマホで利用するのはYahoo!のニュースを文字や画像で見たり、検索して調べものをするくらい…または、LINEやIP電話でチャット・通話を楽しむのがほとんど!という方は意外にもこのくらいで十分なんです。
YouTubeなどの動画を見るのに必要なのは?

500Kbps〜8MB

動画のストリーミング再生は最高画質でサクサク見たい場合と、元々スマホだと小さな画面なので画質を下げてみる場合などに分かれます。もう少し詳しく解説すると…

画質を下げて見る

ストレスなくサクサク見る

HD画質をサックサクに閲覧!

500Kbps

1〜3.5Mbps

8Mbps

まとめ

スマホでは動画は見ない方は1Mbps以下でもほぼ全てのことが問題なく楽しめます。
動画やゲームもサクサク楽しみたい方は、上記の数値を参考にして、このサイトで1位から3位にあるようなMVNOで契約するのがオススメです!

 

《 参考情報 》

家の光回線と比べると、
格安SIMの速度ってどのくらい?

回線速度の単位がよくわからない…
「GB」・「Mbps」・「kbps」ってどう違うの?

1GB

1Mbps

1Kbps

下り:

69.52Mbps

上り:

75.42Mbps

PING:

9

1024Mbps

1Mbps

約0.001Mbps

管理人自宅の光回線は下りが70Mbps近く、PINGが9!とやはり格段の速度です。格安SIMの2倍近い優秀な数字が測定されます。しかし、この数値は仕事で重いものをダウンロードしたり、ゲームや映画を大量に楽しむ方などに必要な数値です。

Mbpsに統一して3つの単位を見てみるとわかりやすくなります。車の速度で言えば「1kbpsが時速1km」「1Mbpsが時速1,000km」「1GBが時速1,000,000km」…逆にわかりずらいですね><

 

 

当サイトについて

格安SIMはどこも同じ?いいえ速度が違います!同じドコモの通信でもMVNO各社(楽天モバイル/OCNモバイルONE/DMMモバイル/IIJmio/BIGLOBEビッグローブ/ニフティのニフモ/BBexicite/freetel/TONEモバイル/BIGSIM/ユーモバイル/plalaモバイル/チキチキモバイルなど)でスピードに歴然の差が…では、どこが一番早いの?ビジネス街や住宅街の自宅、集合住宅、通勤の電車などで、朝の出勤、帰宅の通勤ラッシュ時間、昼休みのランチタイムなどいろいろな時間帯で実際にSIMの速度を計測するしかありません。管理人が毎月SIM速度を計測しランキング公開しています!失敗しない格安SIM選びにお役立てください

 

ページの一番上に戻る